許せないし、納得いかない
大学院の進学試験免除と卒業研究優先者が発表されたんですが、まぁ自分の名前は当然のってないだろうなと思ってみてたら、テストとかでしょっちゅうカンニングしてたやつが載ってて、それがなんかすごい不快でした。

大学側も口だけで咎めて、分かってて放任してるみたいなところあるからどうしようもないなと思ってるんですけど、それでもよりにもよってそいつを成績優秀者と評して優遇するってのが本当に問題さえ起らなければそれでよくて、何の後ろめたさもないんだなって思ってつくづく自分の通ってる大学が嫌いになりました。

自分が優遇されなかったことには何の不満もないですけど、よりにもよってテストでカンニングしたことおおっぴらに言ってのけて、挙句の果てに単位とりましたって自慢してくるようなやつが、ヘラヘラしながら進学してくると思うとすっごいイライラしてたまらないんですよ。

テストでカンニングして進学するくらいの罪なら世の中いっぱい犯してるやつはいるんだから、そんなことですごくイライラしてるいる方がおかしかったり、怒ったりするのは若いって言葉で片付けたり、そのくらいのことなら許容されるべきだと思う人もいるかもしれない。

でもやっぱりこういったことでイライラしたり怒りを覚えない方が問題(感覚がマヒしてる)だと思います。

ルールを守らないってことは、ルールを守る人間の心の摩耗の上で世の中成り立ってる部分があるんだってことを僕は忘れないでおこうと思いました。そうすればきっとマナーだったり、作法だったり、ルールを守ることの意義が見えてくるはずだと思うから。

この怒りをもっと昇華してもっと論理的に明晰に自分の感じる不快さを言葉にしていきたいなとも思いました。

自分はこういったことに対してどうやって折り合いをつけていかなければいけないのか、そういったことを今後とも考えないといけないですね。

P.S

やっぱり許せないことなんてなくて、自分自身が許さないだけなのかな。自分自身が好き好んで執着してるだけなのかなと朝起きて思いました。でもそれは許すというよりあきらめるにまだ近い気がして、自分はまだこのことでどうすべきかははっきりと答えは出ていないです。

でもこうして言葉にすることは自分の考えや気持ちと距離が少し保ててやっぱりいいなと思いました。
[PR]
by akito_621 | 2012-04-09 23:49
<< 卒業研究 カラオケ >>