2012年4月のドラマ①
とりあえず始まったドラマで見たものの感想。

37歳で医者になった僕


よりよき正解を、正しいことを行おうとしてもそれができないという問題に対してどうアプローチしていくのか。そういう問題がこの大学病院という舞台で行われるんだろうけど、それを無垢な人間一人が加わって、おそらく周りも巻き込んで変えていくというのはまぁわりとべたですよね。話としてもなんとなく予想がついてしまうし、それをどう見せるかなんだろうけど、あんまり期待値は高くないかな。


カエルの王女さま

漫画みたいなコマワリで映像を見せてくるのはちょっとおもしろかった。ただ単にコマワリするんじゃなくて、コマ自体がpopに動いたりするのでこれは映像じゃないとできないことだなと思ったし、多用しすぎると五月蠅い感じになるだろうから、わりと抑え気味で使ってたのかなとも思った。
大島優子の演技がよくて、AKBのイメージとは逆のおとなしい感じの女性をやらせると結構はまり役なのかなと思いました。
話としてはフラガールを思い出しました。ただフラガールは時代設定があって世間からどう受け入れらるかみたいな問題がありましたけど、これはどうなんだろう。就職難や、中の下的な貧しさみたいな現代の問題みたいなものをとりこんでくるのかな。

三毛猫ホームズの推理

う~ん。相場君がよく見えるただのいい人系ドラマみたいにはしてほしくないですよね。


家族のうた

今のところ期待感が一番あるのはこれですかね。

マルモのおきてみたいなことをやるのかなと思ったらどんどん家族が拡大していきそうなんですよね。録画してなかったから確認できないんですが、冒頭のシーンで関係をもった女性が何人か出てきていて、あの数だけ家族が増えるんじゃなくて毎話ごとに何人か増やしてほしいですね。その方が楽しいと思う。もっと個性的なメンツがでてくれば、来週はどんなやつがくるんだろうみたいな楽しみも増えますしね。家族が増えるたびに主人公の収入も増えるけど、結局支出も増えるから生活自体は変わらないみたいな。そういうのもおもしろいですよね。

欲を言うなら主人公のオダギリジョーをもう少し魅力的に見えるようになったらいいですよね。なんかあんな分かりやすいROCK野郎みたいな感じじゃなくてもいいんじゃないかなと思います。ただ実際にもう売れないロックシンガーってあんなのしかいないんだよってことなのかな。そんなことないと思うけどw
[PR]
by akito_621 | 2012-04-16 00:10 | ドラマ
<< お酒に弱い 配属先決定 >>