妖怪人間ベム
妖怪人間ベム

★おすすめ★

おもしろかった。役者の演技もよかったし、昔の作品を現代にリメイクするのに成功するとこんなにおもしろいんだなと改めて感心しました。
落ちは予想外でしたが良かったですね。夏目(北村一輝)さんの存在が思ってたより大きかったおかげでしょうね。
ただ今思うとあの落とし所は妥当だったなとも思います。作品の中で一貫してここでないどこかに行くとか、今の自分ではない何かに変わることではなくて。自分の弱さを引き受けていくことの大事さを説いていたのでこのベム達の決意は当然なのかなと今では思います。

最初はデビルマンみたいな話になるのかなと思ったいたんですが、夏目家がデビルマンみたいな扱いを受けなかったのが大きいですよね。それがいい方向に作用してるなと思いました。
善悪の話でもあるんですが、最初は分かりやすい悪と善の話で進めていって、4話あたりから加害者の内面に深くふみこんでいってより複雑になっていくんですよね。
エピソード的には3話で一番泣いちゃったんですけど、4話、7話、8話あたりが印象としては深く残ってますね。7話は銭ゲバみたいな話で、8話はなんか流星の絆とか思い出しましたね。あの身も蓋もない犯人の動機のショボサ加減とか。

4話の犯行の動機が動機としては一番ひっかかりました。幸せの形を押しつけてくる社会が悪いみたいな。
あなた結婚してるの?みたいな質問ってある意味人にとっては、君って幸せなの?不幸なの?って聞いてきてるみたいな感じの不快感がつもりつのってこうなるんだなってのが結構恐かったです。なんだかわかるんですよね。時々自分もなんでこんなこと聞いてくるんだろうって思いますし、相手に悪意が無いのがまたどうしようもないんですよね。
[PR]
by akito_621 | 2012-05-01 00:05 | ドラマ | Comments(0)
<< 将来的に ゴールデンウィークの予定は? >>