カテゴリ:ドラマ( 10 )
ドラマ
自分用にドラマの購入リストのメモ書き

気に入ったため購入予定のものには ◎
それ以外は気になっていたり、なかなか面白かったが買うかは未定のもの

2010年~2016年までのリスト

2010年
視聴済み
・曲げられない女
・マジすか学園 ◎
・うぬぼれ刑事 ◎
・Q10 ◎

未視聴
・ジョーカー 許されざる捜査官
・八日目の蝉
・フリーター、家を買う。

2011年
視聴済み
・大切なことはすべて君が教えてくれた
・鈴木先生 ◎
・それでも、生きてゆく ◎(購入済み)
・妖怪人間ベム
・家政婦のミタ ◎
・11人もいる! 


2012年
視聴済み
・最後から二番目の恋 ◎
・鍵のかかった部屋
・リーガル・ハイ ◎
・クレオパトラな女たち
・リッチマン、プアウーマン ◎
・ゴーイング マイ ホーム
・悪夢ちゃん
・結婚しない

2013年
視聴済み
・ビブリア古書堂の事件手帖
・書店員ミチルの身の上話
・最高の離婚 ◎
・泣くな、はらちゃん ◎
・心療中-in the Room- ◎
・名もなき毒
・スターマン・この星の恋
・Woman
・DOCTORS2 最強の名医
・山田くんと7人の魔女 ◎
・半沢直樹
・リーガルハイ(2期)
・49 ◎ 

2014年
視聴済み
・失恋ショコラティエ
・僕のいた時間
・天誅〜闇の仕置人〜
・なぞの転校生
・続・最後から二番目の恋 ◎
・ファースト・クラス(1期、2期)
・ペテロの葬列 ◎
・アオイホノオ ◎
・おやじの背中
・さよなら私
未視聴
・死神くん
・ロング・グッドバイ
・昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜
・きょうは会社休みます。 (見ていたのだがなぜか記憶が曖昧)
・ごめんね青春! ◎

2015年
視聴済み
・デート〜恋とはどんなものかしら〜 ◎
・○○妻
・DOCTORS3 最強の名医
・問題のあるレストラン ◎
・お兄ちゃん、ガチャ
・天皇の料理番
・婚活刑事 ◎
・ど根性ガエル ◎
・偽装の夫婦 ◎
・掟上今日子の備忘録
未視聴
・心がポキッとね 

2016年
視聴済み
・いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう ◎
・重版出来! ◎
・世界一難しい恋
・ゆとりですがなにか
・逃げるは恥だが役に立つ ◎
未視聴
・ダメな私に恋してください
・トットてれび
・はじめまして、愛しています。
[PR]
by akito_621 | 2016-12-24 01:09 | ドラマ | Comments(2)
妖怪人間ベム
妖怪人間ベム

★おすすめ★

おもしろかった。役者の演技もよかったし、昔の作品を現代にリメイクするのに成功するとこんなにおもしろいんだなと改めて感心しました。
落ちは予想外でしたが良かったですね。夏目(北村一輝)さんの存在が思ってたより大きかったおかげでしょうね。
ただ今思うとあの落とし所は妥当だったなとも思います。作品の中で一貫してここでないどこかに行くとか、今の自分ではない何かに変わることではなくて。自分の弱さを引き受けていくことの大事さを説いていたのでこのベム達の決意は当然なのかなと今では思います。

最初はデビルマンみたいな話になるのかなと思ったいたんですが、夏目家がデビルマンみたいな扱いを受けなかったのが大きいですよね。それがいい方向に作用してるなと思いました。
善悪の話でもあるんですが、最初は分かりやすい悪と善の話で進めていって、4話あたりから加害者の内面に深くふみこんでいってより複雑になっていくんですよね。
エピソード的には3話で一番泣いちゃったんですけど、4話、7話、8話あたりが印象としては深く残ってますね。7話は銭ゲバみたいな話で、8話はなんか流星の絆とか思い出しましたね。あの身も蓋もない犯人の動機のショボサ加減とか。

4話の犯行の動機が動機としては一番ひっかかりました。幸せの形を押しつけてくる社会が悪いみたいな。
あなた結婚してるの?みたいな質問ってある意味人にとっては、君って幸せなの?不幸なの?って聞いてきてるみたいな感じの不快感がつもりつのってこうなるんだなってのが結構恐かったです。なんだかわかるんですよね。時々自分もなんでこんなこと聞いてくるんだろうって思いますし、相手に悪意が無いのがまたどうしようもないんですよね。
[PR]
by akito_621 | 2012-05-01 00:05 | ドラマ | Comments(0)
2012年4月のドラマ①
とりあえず始まったドラマで見たものの感想。

37歳で医者になった僕


よりよき正解を、正しいことを行おうとしてもそれができないという問題に対してどうアプローチしていくのか。そういう問題がこの大学病院という舞台で行われるんだろうけど、それを無垢な人間一人が加わって、おそらく周りも巻き込んで変えていくというのはまぁわりとべたですよね。話としてもなんとなく予想がついてしまうし、それをどう見せるかなんだろうけど、あんまり期待値は高くないかな。


カエルの王女さま

漫画みたいなコマワリで映像を見せてくるのはちょっとおもしろかった。ただ単にコマワリするんじゃなくて、コマ自体がpopに動いたりするのでこれは映像じゃないとできないことだなと思ったし、多用しすぎると五月蠅い感じになるだろうから、わりと抑え気味で使ってたのかなとも思った。
大島優子の演技がよくて、AKBのイメージとは逆のおとなしい感じの女性をやらせると結構はまり役なのかなと思いました。
話としてはフラガールを思い出しました。ただフラガールは時代設定があって世間からどう受け入れらるかみたいな問題がありましたけど、これはどうなんだろう。就職難や、中の下的な貧しさみたいな現代の問題みたいなものをとりこんでくるのかな。

三毛猫ホームズの推理

う~ん。相場君がよく見えるただのいい人系ドラマみたいにはしてほしくないですよね。


家族のうた

今のところ期待感が一番あるのはこれですかね。

マルモのおきてみたいなことをやるのかなと思ったらどんどん家族が拡大していきそうなんですよね。録画してなかったから確認できないんですが、冒頭のシーンで関係をもった女性が何人か出てきていて、あの数だけ家族が増えるんじゃなくて毎話ごとに何人か増やしてほしいですね。その方が楽しいと思う。もっと個性的なメンツがでてくれば、来週はどんなやつがくるんだろうみたいな楽しみも増えますしね。家族が増えるたびに主人公の収入も増えるけど、結局支出も増えるから生活自体は変わらないみたいな。そういうのもおもしろいですよね。

欲を言うなら主人公のオダギリジョーをもう少し魅力的に見えるようになったらいいですよね。なんかあんな分かりやすいROCK野郎みたいな感じじゃなくてもいいんじゃないかなと思います。ただ実際にもう売れないロックシンガーってあんなのしかいないんだよってことなのかな。そんなことないと思うけどw
[PR]
by akito_621 | 2012-04-16 00:10 | ドラマ | Comments(0)
鈴木先生 ★おすすめ★
a0004661_716388.jpg


おすすめ

鈴木先生

ストーリー

中学校の教師である鈴木先生が、生徒たちに起こる些細な、ときに重大な事件の数々を誠実に、情熱的に且つ独善的に対応していく姿を描いた作品。
キャッチコピーは「誰も正解を教えてくれない、それが学校だ。」。


すごいおもしろい。映像もいいし、役者の演技もすごく良かった。思わぬ掘り出しものですね。
真剣十代しゃべり場もびっくりの本音むき出しのガチ議論もいいんですが、全10話にわたって性の問題が絡んでくるあたりがいい意味で正視に耐えない感じがよかったです。

前半なんかはこの問題の本質はなんなのか、鈴木先生と一緒に考えるまるで推理もののようなスリリング性もありますし、自分自身も議論に参加してしてしまう、まさに鈴木先生の言う思考実験(視聴者側を試す)を強いられてる気がして見終わるとぐっと疲れるんですが楽しいんですよね。

エピソードとしてはどれもよかったんですが、やっぱり丸山康子の問題が印象に残ってますね。泣いちゃいましたよ。分からない(知られることの無い)問題は解決できないし、一つの大きな事件は明白になって解決(救い)みたいに働くこともあるだろうけど、この日々の些細な出来事(事件)は気づくこと自体が難しくて、少しずつ人間の心をすり減らしていき、やがては崖っぷちに立たされる。そのことに気づいてあげられなかった人間も心に傷を負うんですよね。

鈴木先生もそうなんですが、子役の方の長台詞は大したもんだなとおもって感心しました。


映画もあるんで楽しみです。
[PR]
by akito_621 | 2012-04-04 08:17 | ドラマ | Comments(0)
大切なことはすべて君が教えてくれた
大切なことはすべて君が教えてくれた

~ストーリー~

私立明綾学園高等学校に勤める高校教師・上村夏実は、同じ学校に勤める教師・柏木修二と婚約しており、生徒からも祝福されていた。しかし、修二は始業式前日に自身の生徒・佐伯ひかりと関係を持っていたことが判明してしまう。ひかりは、「2人の愛は本物なのか?」と問いかける。


なかなかおもしろかったです。月9って幸せになろうよとかあぁいうイメージが最近多くてなんかドラマとしてはあんまり魅力的な枠じゃないなって思ってたんですが、これは結構意欲的でよかったですね。

主人公の修二が倫理的には正しい行動を取ろうとするんですが、主体性がなくて(周囲に迷惑をかけたくないから倫理的に正しくあろうとする)個人に意見を迫られたときに答えられない姿がイライラするんですよね。
とにかく前半は主人公にイライラさせられるんで、そういう部分でツッこめて楽しかったです。

結構生徒のセリフが印象的なものが多くて、特に前半で幼馴染の二人の内の片方が陰湿な書き込みをして、そのことを自白した後で、被害者のほうが怒るんですよね。「そんなのずるい。ごめんなさいなんて言われたら、許さなければいけないじゃない。酷いコトするのなら最後まで黙ってて。傷つけられた私が許さなければならないなんて…苦しむのは私ばかりじゃない」って怒るんですよね。

確かにこういう問題ってあるよなって思いました。何かあったらとりあえず謝っておけばいい。謝っておけばどうにかなるとかそういったことに対する欺瞞ですよね。

あともう一つが、なんかオタクの男の子が難病の女の子に告白をして女の子に怒られるんですよね。「あたしがクラスの男子全員の憧れの的だったら、告白した? しないよね。手の届かない女のところには行かない。この程度ならって思ってるんでしょ。そんな気持ちなら、いらない
これに対してオタク側も「じゃあ、この気持ちは嘘なの!?君のことを考えると苦しくなる。この気持ちはここにあるんだよ!

どっちの意見も正しいと思うし、このやりとりをアニメで見せたら結構な割合でオタは発狂すると思う。そういう意味でおもしろかった。


話としては後半が物足りなさを感じたかな(話の動き的に)。多分前半のスリリングな感じが余計にそうさせたんだと思う。剛力彩芽がかわいかったw
[PR]
by akito_621 | 2012-03-31 21:29 | ドラマ | Comments(0)
最後から2番目の恋
最後から2番目の恋


全編通しておもしろかった。

人間のギスギスした関係とか、寂しさみたいなものが程よくギャグとして描かれてるのが見やすくてよかったですね。


この作品を見て人間って終わりに近づいていく生き物なんだなって改めて思いました。その寂しさみたいなのものがよく伝わってきましたし、それは仕方のないことで、だったら寂しい寂しい言ってないで楽しんで生きていこうよという結論もよかったですね。


新年早々おもしろいドラマありがとうございました!
[PR]
by akito_621 | 2012-03-23 01:37 | ドラマ | Comments(0)
最後から2番目の恋 2話まで
最後から2番目の恋

2話まで見ました。

今のところおもしろい。けど妙に生々しいのでこれ怖くて見れない人いっぱいいるだろうなって思いますw


自分もこんな感じで40代を過ごすのかな。あぁ、怖い怖い。
[PR]
by akito_621 | 2012-03-14 00:51 | ドラマ | Comments(0)
火の魚
火の魚

ストーリー

広島の小さな島から届けられる物語。テーマは「命の輝き」
島に住む老作家・村田省三(原田芳雄)のもとに、原稿を受け取るため東京の出版社から女性編集者・折見とち子(尾野真千子)が通ってくる。
小説家と編集者は歳は違うがプロ同士。互いに一歩も譲らず、丁々発止のバトルが繰り広げられる。
あるとき小説の装丁を燃えるような金魚の「魚拓」にしたいと思いついた村田は折見に魚拓を作ることを命じる。魚拓をとるには金魚を殺さなければならない。小さな命を巡って二人の間にさざなみが立つ。
やがて、村田は、折見の「秘密」を知る。
ぶつかりあい、いたわりあい、笑いあう。世間から取り残された孤独な老人と、時間をいつくしむ様に生きる女性が過ごすひと夏の物語。



おもしろい。
正直最初見ていた時は地味でしんどいかなとか思ってたけど、死の匂いが漂い始めてからというもの画面に釘付けでしたね。何といってもあの病院での会話がいいですよね。折見の台詞で「先生、私を侮られては困ります。むしろ逆でございます。2年前に手術をしてから私はこの世で一番孤独だと思っておりました。しかし先生は私以上に寂しい方であられました。"他人の不幸は蜜の味"と申しますが、先生の無残な孤独ぶりだけが私の心の慰めでした。」
こういうユーモアをいれることで折見っていうキャラがよりよく見えるし、話がむしろこの緩みのおかげで引き締まってる気がしますね。

1時間のドラマでもこんなにおもしろいの作れるんだなって関心しました。いいドラマでしたね。
[PR]
by akito_621 | 2012-03-07 21:41 | ドラマ | Comments(0)
スイッチガール
スイッチガール

ストーリー

外ではメイクもファッションもバッチリな女子高生・仁香は、実は家ではジャージ&メガネでオヤジのような女の子。ON&OFFを自由自在に使い分け平和に過ごしていた仁香だったが、転入生の新に隠していたOFFモードがバレてしまって…? 超イケてるはずのJK(女子高生)が、家では超ダサダサ!絶対に隠したいはずの女子の『本当の姿』を赤裸々に描いた爆笑恋愛ドラマです。




少女マンガ原作のドラマの中だと思い出せる限りの中では一番好きかな。
演出がすごいテンポよくてそのスピード感がすごい見やすい。
アニメでいうならミルキィホームズくらいテンポがはやくて、そのテンポの良さのおかげか30分で全8話なんだけど、内容は結構詰ってると思う。尺の都合上ちょっと荒い部分もあるけど。
いい漫画原作のドラマだと思いますね。


田宮仁香を演じる西内まりやさんのoffモードの顔が良かったですね。実際にモデルさんなんですよね。こんな顔見せていいのかな?w

あと深夜ドラマのせいかやたらラブホテルとか出てくるし、親の性的な発言とかすらもギャグとしておもしろく見せてくるんでその辺はちょっとびっくりしましたw

おもしろかったのは仁香と新のあり方が、この二人ってonとoffの使い分けがまったく逆だし、仁香は親の下ネタがネタとして消費されるけど、新ではガチでそのことにすごく傷ついてたりしてて、お互いがなんだか逆の立場にいるみたいに見えるのはおもしろかったですね。
だからこそ惹かれあうのかもね。

あと最後にちゃっかり政宗のテクニックを仁香が使ってたりしたのはおもしろかったですw

個人的に一番好きなのはニノかな。少女マンガの主人公の親友キャラってこういう良い奴多いですよね?
ニノって常にonモードでかっこいいから、offモードもちょっと見てみたかったですね。
[PR]
by akito_621 | 2012-03-04 21:35 | ドラマ | Comments(2)
家族八景
家族八景

ストーリー

火田七瀬は人の心を読むことができるテレパス。
自分の能力を他者に知られないようにひた隠しながら、家政婦として様々な家庭を転々としている。忌々しい能力に悩む一方で、ついつい、仕事先の家族たちの心を読んでしまう七瀬。
穏やかに食卓を囲む夫婦や親子たちの心の中に潜む、言葉とは裏腹の本音を明るみにしていくのだった。



火田七瀬の役を演じてる木南晴夏が結構はまり役でいい演技してると思う。
尺も30分なのは見やすくていいですね。
個人的には3話の澱の呪縛が面白かったですね。汚さに関心が無い大家族の家を大掃除したら、自分たちの汚さに気がついてしまって今まで続いていた平和にヒビが入ってしまうんですよね。家の臭いとかってそれぞれ独特なものがあると思うんですけど、そういった要素を家族もので話としてちゃんと見せてるのは初めて見た気がして良かったですね。
2話とかでも精神状態がおかしくなってしまった父親がむしろそのほうが妻に愛されるという落ちだったり、皮肉が効いてるのもいいなと思います。ただそういうのが弱い回もあるので、クオリティはばらつきがありますね。


ただ演出でギャグを取り入れてるんですが、これが見る人にとってはかなりウザく見えるだろうし、見づらいと思う人も多いと思う。2話、3話くらいまで見てしんどかったら見るの辞めたらいいかな。はまるとそれなりに楽しいですね。

7話、8話は前田司郎さんが脚本しているんで楽しみですね。

結構深夜ドラマ気になったんでチェックしてみようかな。30分て尺が好きなだけかもしれないけどw
[PR]
by akito_621 | 2012-03-01 21:34 | ドラマ | Comments(4)